ビーシーエムシー(BCMC)トレイル【冬版】グラウスマウンテン カナダ バンクーバー ハイキング

グラウス入り口カナダ ハイキング
グラウス入り口
スポンサーリンク

ビーシーエムシートレイル グラウスマウンテン

今回は、ビーシーエムシー(BCMC)トレイル をご紹介します。

ビーシーエムシー(BCMC)のルートとは、ノースバンクーバーのグラウスの登山口から、山頂まで上るハイキングルートの一つです。

バンクーバーの登山家達のトレーニングの場、グラウスグラインドルートと平行していています。

この登山ルートの歴史は古く、メジャートレイルのグラウスグラインドより、歴史は古いと言われていて、地元のハイカー達に人気の、トレーニング、リクリエーションルートです。

スポンサーリンク

ビーシーエムシー(BCMC)トレイル と グラウスグライド

グラウスマウンテンでの、メジャートレイルといえば、グラウスグラインド

そのグラウスグラインドルートを差し置いて、地元の登山家に人気のルートが、このビーシーエムシー(BCMC)トレイルです。

ビーシーエムシー(BCMC)のルートは、グラウスグラインドよりも緩やで、距離が長め。

そして、このビーシーエムシー(BCMC)のルートは、スタートのトレイルヘッドが、グラウスグラインドと同じ。

そして、最終の目的地がグラウスマウンテンの山頂というのも、同じです。

つまり、同じ場所からスタート。違うルートを登山。そして、同じ場所に到着します。

BCMCトレイル グラウスグラインド
BCMCトレイル グラウスグラインド

この登山ルートの人気の理由は、

  • きれいに整備されているグラウスグラインドに対して、まだまだ自然のままのハイキングルートが残されていること
  • 冬季期間中にクローズされることはなく、冬場には、閉鎖されるグラウスグライドに対して、年間を通してオープンしていること。
  • にわかハイカーや、家族連れでもにぎわう、グラウスグライドに対して、人だかりが少ない、混雑が避けれる

などの理由で、地元のハイカー達に人気のルートです。

スポンサーリンク

ビーシーエムシー(BCMC)トレイル アクセス

BCMCの登山口は、グラウスグラインドと同じ。グラウスマウンテンリゾートの中。

グラウスマウンテンへのアクセスは良好です。

公共の交通機関

公共の交通機関でもアクセス可能。

ダウンタウンから、地元のローカル水上バス、シーバスで、ノースバンクーバサイドのロンズデールキーに15分ほどで海を渡り、そこからバスに乗り換えて30分程で到着です。

合計1時間半ほどでアクセス可能です。

  • シーバスに ダウンタウンサイド、ウォーターフロント(Water Front) 駅から乗船。ノースバンクーバーサイドのロンズデールキー(Lonsdale Que)で降船。
  • ロンズデールキーのバスターミナルから、キャピラノ・リバー・リージョナル・パーク方面にいくのバス、グラウスマウンテン(Grouse Mountain) に行きのバスに乗車。

バンクーバーの公共交通の時刻表は、ころころかわるので、トリッププランナーで、しっかり確認してから向かってくださいね。

公共のバスで、来場した場合、写真の左、赤丸が、グラウスマウンテン行のバスの停留所

車で来ると、右側にも左側にも、駐車場があります。

BCMC トレイル、グラウスグラインドトレイルの入り口は、右の青矢印です。

ゴンドラは、真ん中の”SKYRIDE ENTRANCE”に沿って歩いていきます。

ビーシーエムシー
グラウスマウンテン 入り口

フリーシャトルでのアクセス

ダウンタウンのカナダプレイスからフリーシャトルもあります。

これは、季節にもよりますので、かならず、ウェブサイトを確認してください。

車でのアクセス

バンクーバーダウンタウンから、車で30分。ノースバンクーバーに位置します。

スポンサーリンク

ビーシーエムシー(BCMC)トレイル

ビーシーエムシー(BCMC)トレイルは、有名なグラインドグライドよりも、以前からしたしまれている歴史あるハイキングルートです。

グラウスグラインドは、同じルートで下山するのを禁止されているのに対して、BCMCルートは、登ってきたルートを使って下山、つまり往復することができます

トレイルは、急こう配ではありますが、よく整備されているので、しっかりと、マークを確認しながらすすめば、迷うことはまずありません。

マークは、登山口を1として、頂上を50とする、1から50までのマーカーが記されています。(下記に写真があります。)

3キロにも満たないハイキングの距離に対して、800mの高低差

ということは、そこそこの、上り坂を、ひたすら登り続けるというコース。

自然のカーディオトレーニングコースです。

ビーシーエムシー(BCMC)トレイル 登山口

写真は、2023年3月、半ばの、トレイルの様子です。

年度によって、雪や登山道の様子は変わりますが、入り口は雪がなくても、頂上へと登っていく間に雪景色にかわります。

ビーシーエムシー(BCMC)トレイル登山口は、グラウスグラインドと同じ

トレイルヘッドは、グラウスマウンテンの看板を、見つけたら道の右側です。

グラウスマウンテンのインフォメーションボードが、入り口にあります。

ビーシーエムシー(BCMC)トレイルヘッド
BCMCトレイルヘッド
BCMCトレイルヘッドインフォ
グラウスマウンテンインフォ

下記は、今日のトレイル情報。

ビーシーエムシー(BCMC)トレイルヘッド
グラウス今日のトレイルインフォ

写真は、今日のトレイル情報。グラウスグラインドルートは、冬で閉まっているね。

ビーシーエムシー(BCMC)トレイルのルートは冬でも、オープンしているわ。今日の日没は、7時15分。それまでには、下山ね。

登りはじめ

はじめの数分は、間違ってグラウスグラインドのルートに入らないように、気を付けましょう。

下記の写真を参考にして、ビーシーエムシー(BCMC)トレイルのマークに沿って進んでくださいね。

BCMCトレイルヘッド
BCMCトレイル入り口
BCMCトレイルヘッド

トレイル入ってすぐのサインです。

ビーシーエムシー(BCMC)トレイル入り口のサインを見つけて、進んでください。

登りはじめのエリアは、雪がまだなく、通常ハイキングシューズのみで、十分登っていけます。写真は、2023年、3月中旬。

登山口からすぐのところに、写真のような橋があります。この橋を渡って進んでください。

この橋を渡れば、後は、ビーシーエムシー(BCMC)トレイルマークを確認しながら進んでいきます。

BCMCトレイル4

マークは、登山口を1として、1から50まで、マークされています。

BCMC トレイルマーク
BCMC トレイルマーク

トレイル

マーク50分の10あたり

山の麓は、どんなにお天気でも、山頂にいくにつれて、雪が残っています。

真夏でないかぎり、スパイクを持参することをお勧めします。

私は、今回、5分の1ほど、(10/50)登ってきた所で、滑り止めのスパイクをはきました。

ちょうど、このニコちゃんマークの入った丸太のあたりで、スパイクを装着です。

5分の3ほど登ると、(50/30)グラウスリゾートでスキーを楽しむ人たちの気配もしてきます。

スキーの音や、笑い声が聞こえてくるようになると、山頂まで、もう少しです。

トレイルマーク

トレイル山頂

やっと、頂上につくと、春休みを利用して、スキーとスノーシューのお客さんでごった返していました。

久しぶりの私のタイムは、1時間45分でした。

ビーシーエムシー山頂2
ビーシーエムシー山頂
ビーシーエムシー山頂
山頂スキー客
山頂スキー客

下山

さて、下りは、ゴンドラでも、降りることができます。

ゴンドラ

頂上までのハイキングを楽しんで、下りは、ゴンドラ(リフト)利用可能。

山頂から降りるときのみリフトを使えば、たしか$20ドルほどです。

最新リフト料金の情報はこちら ???? 料金

ビーシーエムシー(BCMC)のルートは、登ってきたルートを使って下山することもできます。

ゆっくりと、景色を楽しみながら、私のタイムで45分。ハイキングで下山ができました。

ビーシーエムシー下山

Merrell レディース Moab 2 Vent ハイキングシューズ
この通気性のあるハイカーで、箱から出してすぐれた快適さを体験してください。 耐久性のあるレザー、サポート性のあるフットベッド、Vibram Tractionのすべてが万能なパッケージに入っており、MoabがMother-Of-All-Bootsを意味する理由は間違いありません。
アイゼン 19本爪 スパイク チェーンスパイク スノー アイススパイク靴底用 軽量 かんじき 滑り止め チェーン式 登山 トレッキング 釣り 雪 泥 土間 トレッキング 雪道 氷 靴底用 滑り止め 簡単装着 転倒防止 耐寒性 耐久性 収納袋付き 男女兼用
アイゼン 19本爪 スパイク チェーンスパイク スノー アイススパイク靴底用 軽量 かんじき 滑り止め チェーン式 登山 トレッキング 釣り 雪 泥 土間 トレッキング 雪道 氷 靴底用 滑り止め 簡単装着 転倒防止 耐寒性 耐久性 収納袋付き 男女兼用

まとめ

時間がない方、体力に自信がない方は、登りも下りもゴンドラを使って、訪れることもできます。

ゴンドラをつかって、山頂に上がる場合、チケット代は 現在カナダドル$69ドル。(日本円7千円ほど。2023現在)。ちょっとお高めです。

リフト料金の情報はこちら ???? 料金

山頂に上がってしまえば、グラウスマウンテンは施設の整った、スキーリゾートです。

冬は、スキー客でにぎわいます。

冬でも、カフェ、喫茶店、展示や、動物たちのショウタイム、季節のエベントなども満載です。

ビーシーエムシー(BCMC)のトレイル ルート。

地元のハイカーに、季節を通じてのトレーニングや、リクリエーションとして利用されています。

冬の、雪山ハイキングを体験してみたい方は、アクセスのいい、グラウスマウンテン

を訪れてみて下さいね。

  • グラウスマウンテン リゾート情報はこちら ????グラウス
タイトルとURLをコピーしました