ブッチャートガーデン カナダ ビクトリア観光

ブッチャートガーデンカナダ 観光
ブッチャートガーデン
スポンサーリンク

ブッチャートガーデン 概要

ビクトリアの観光地、ブッチャートガーデン(butchartgardens)の敷地は、東京ドーム約5個分。

広大な敷地内には、四季折々の様々にガーデニングされています。

カナダ国内外から、年間100万人以上が来園する カナダ ビクトリアの観光スポットです。

ブッチャートガーデンは、かつてセメント用の石灰岩が掘り出された採掘場をもとに、人口的に作られた庭園です。

ブッチャートガーデン街頭
スポンサーリンク

ブッチャートガーデン 行き方はこちら

ブチャードガーデンは、ビクトリア スワッツベイ(Swartz Bay)の、フェリーを降りて、フェリーターミナルから、BCトランジット市バス 81番に乗っていきます。

カナダ バンクーバーからの、公共交通機関を使っての、詳しいアクセスの方法は、こちらの記事を参考にくださいね。

???? バンクーバーからのアクセス

スポンサーリンク

入場

私達が、訪れた時は、カナダ$36.5でした。(2023年、3月末)

入場料は、季節や、イベント、おとずれる時期によってちがいます。

最新の情報は、公式ウェブサイトを確認してくださいね。

庭園内地図

館内は、エリアごとに分かれていて、標準で、1.5時間が、散策時間とされています。

ですが、ガーデニングがお好きな方や、新婚旅行や、お友達同士、記念のお写真をたくさん取りたい方には、いつまでも楽しめる楽園です。

時間は許す限り、多めにとって、くつろいでくださいね。

園内で、ゆっくりと、お食事や、アフタヌーンティーを楽しむこともできます。

私達は、たっぷり3時間、休憩をいれながら楽しみました。

庭園内は、サンクン・ガーデン、ローズ・ガーデン、日本庭園、イタリアン・ガーデン、とエリアが分かれています。

ブッチャートガーデンマップ
ブッチャートガーデンマップ

サンクンガーデン

入り口を入って進むと、小高い丘からかつての採掘場をながめるようにみえるのが、サンクンガーデンです。

クリスマスローズ
クリスマスローズ
水仙
水仙
クロッカス
クロッカス

バラ園

ブッチャートガーデンのバラ園

春から夏にかけて満開となるバラは、ブッチャート ガーデン最大の見所の一つ。

約250種以上のバラが咲き誇こるはず。。。

ですが、今回は3月末、残念ながらバラにはまだ、すこし早い時期でした。。

写真は、バラではなく、クリスマスローズです。

ブッチャートガーデンクリスマスローズ

バラがお好きな方は、バンクーバーのダウンタウンからアクセスのいい、スタンレーパークのバラ園も、行ってみてくださいね。

龍の噴水

ビクトリア市の姉妹都市、中国の蘇州市から寄贈された龍の噴水

ブッチャートガーデン竜の噴水
竜の噴水

日本庭園

横浜出身でビクトリア市で人気になっていた日本人造園家、岸田伊三郎によって1908年頃、邸宅に作られた日本庭園です。

ブッチャートガーデン日本庭園

昔は、もう少し本格的な日本庭園だったと思ったんですが。。。

時間が経つ事に、中国風と西洋風が融合された感じになってきました。

日本庭園の後ろに見える、自然に生えるカナダの木々が、ミスマッチで、不思議な感じです。

ブッチャートガーデン日本庭園つばき
日本庭園つばき
ブッチャートガーデン日本庭園出口
日本庭園出口

イタリア庭園

そして、庭園の最後には、鮮やかな花で埋め尽くされたヨーロッパ風のイタリア庭園があります。

私達が訪れた時は、クロッカスが咲いていました。

ブッチャートガーデンイタリア庭園
イタリア庭園

イノシシの像の鼻

イタリアンガーデンを抜けた広場にある イノシシの銅像

イタリアのフィレンツェで鋳造された銅像で、「鼻を触るともう一度ブッチャート・ガーデンに来ることができる」「鼻を触ると幸せになれる」と言われているそうです。。

そういえば、前回、私がここを訪れたのは、クリスマスの時期。また戻ってこれました。

その時のイノシシさんは、寒そうに、クリスマスの帽子を被ってたなあ。。。って思い出しました。

ブッチャートガーデンいのししの像
いのししの像

カフェ、ギフトショップ

ブッチャートガーデン内のギフトショップは、とても可愛い、雑貨や小物でいっぱい。

自分への記念のお土産や、お友達のお土産も探してみてくださいね。

ブッチャートガーデン カフェ お土産
カフェ お土産
スポンサーリンク

まとめ

私が、前回、来た時は、庭園を埋め尽くす、冬のクリスマスライトを見学しに、夜に来園しました。

春にはバラ園には数百種類のバラが咲き誇ります。秋には、紅葉。

ウェディングなどの、華やかなパーティーも、催されます。

四季折々のイベントが満載です。

ビクトリア観光に訪れる方には、ぜったい訪れてほし観光地スポットブッチャートガーデンをご紹介しました。

オブジェ
オブジェ
ブッチャートガーデンに降りる階段
ブッチャートガーデンに降りる階段

ブッチャートガーデン公式URLはこちらです。 公式ウェブサイト

カナダ、バンク-バーからの行き方は、こちらを参考にしてください。ビクトリア アクセス

ビクトリアのダウンタウン観光スポットは、こちらを参考にしてくださいね。 ビクトリア観光

バンデューセン植物園
タイトルとURLをコピーしました